玉石、転石、粘土性土や河川等に最適!
河川等の自然環境に配慮!
CRID工法

トピックス

CRID工法(クリッド工法)が、新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています。

 

【CRID工法とは】

ケーシングの先端にリングビットを配置し、CXハンマーの先端のパイロットビットとリングビットを正転することによりチャッキングし、ケーシングを引き連れて、CXハンマーで削孔していく工法です。


メリットは
・従来のダウンザホール工法に比較して振動・騒音を低減することが可能です。

・玉石、転石でも順調に削孔でき、軟岩、中硬岩・硬岩まで削孔可能です。

・排土はケーシングの上部先端から行うので、スライムを飛散させず、施工が可能です。。

詳しい内容はNETIS内のこちらをご覧ください。 NETISは、国土交通省が運営する、民間企業が開発した新技術のデータベースです。

ご案内

SDH工法協会では、2つの工法を推奨しています。

 

■CRID工法 (クリッド工法)
 CXハンマーがリングビットを装着したケーシングを引き連れて削孔し、削孔終了後チャッキングをはずし、CXハンマーを引き抜き、ケーシングを地中に残します。
 排土はケーシングの中を通るように設計してあり、ケーシングの上部から排出するので管理は容易です。また、ケーシング下部のリングビットはハンマーと共に回転しますが、ケーシングは回転しないように設計されており、周りの地盤に影響を与えず削孔可能な工法です。

 

■SDH工法 (スクリュー式ダウンザホールハンマー工法)
エアーの力によって排土していた従来のダウンザホール工法に対して、スクリューを装着したハンマーでエアーの力とスクリューの力で排土する工法です。

CRID工法ご紹介

CRID-IRS工法

CRID-IRS工法

特許工法

詳細はこちら

CRID工法 STD(転用)タイプ

二重管構造で崩壊層に最適な工法

詳細はこちら

CRID工法 DPR(打設杭)タイプ

CRID-DPR工法

河川等の環境に配慮したクリーン工法

詳細はこちら