CRID(クリッド)工法

CRID工法 工程写真

ケーシング装着 ケーシング装着 図 ケーシング装着
パイロットビットとリングビットのチャッキングをします。
削孔開始 削孔開始 図 削孔開始
特殊に製造したパイロッ トビットがリングビットの ついたケーシングを伴っ て削孔していきます。 排土は、エアーとスク リューの両方でケーシン グの中を通しておこない ます。そのため、 崩壊しやすい地盤でも、周りに影響を与えず 掘削ができます。
削孔終了
ケーシング切り離し ケーシング切り離し 図 ケーシング切り離し
ハンマー引き上げて、 ケーシングを残します。
ケーシングを残すことで、一般層だけではなく、 玉石、転石の崩壊層、 岩盤層まで。 さらに河川でも利用可能となります。
杭の建て込み 杭の建て込み
ケーシングの中に杭を 建て込むので高い鉛直精度が得られます。
モルタル注入   モルタル注入
(STDタイプ)
ケーシングがあるので、 支持層に確実に根固材 を注入することが可能 です。
DPRタイプ場合、ケーシングが支持杭となるため、モルタル注入も必要とせず、河川汚染の心配がありません
ケーシング引き抜き ケーシング引き抜き図 ケーシング引き抜き
(STDタイプ)
ケーシングを引き抜き、杭が残ります。
DPRタイプですと、この工程が省けますのでさらに工期を短くすることができます。