CRID(クリッド)工法

河川の環境を守るDPR(打設杭)タイプ 中堀工法に対応

・玉石、転石、岩盤に対応できる中堀工法ができました。
・CRID-DPRタイプは中堀工法の条件と適応しています。
・打撃による支持力確認も可能

中堀工法 河川の汚染を防ぐ ■ 河川を汚染を抑える

ケーシングを支持杭として残し、杭の外側をモルタル等での根固めが不用なため、河川へのモルタル等の流出による環境汚染を防ぐことができます。

中堀工法 エアー排土排出図 ■ 地盤を乱さない

パイロットビットの先から出たエアーは、特殊な加工による負圧を利用し、排土と共にケーシングの中を通り排出されるため、周辺の地盤に対するダメージを極力抑えます。

ダウンザホール工法 ■ 工期を大幅に短縮できる

掘削後、地中に残ったケーシングを本設杭として、また、仮設杭として使用可能のため、手順が短縮され、また、施工効率があがり、工期を大幅に短縮できます。
(桟橋支持杭、抑止杭等)

施工例
34m掘削 5ヶ所溶接で 1.5日/1本 × 8本 の実績

ダウンザホール工法 掘削長 ■ 掘削長

溶接でケーシングを延長できるので、条件によっては50mまでの掘削が可能。

■ クレーンサイズをひとまわり小さくできる

ケーシングを引き抜かないため、クレーンのサイズば吊り重量で決定します。 よって、土圧等を考慮する必要がなく、クレーンを小さく設定することが可能。
ケーシングを溶接でつなぎながら打設することが可能なため、小さな杭打機で長い杭の打設が可能です。

■ 振動が少ない

二重管構造が振動を吸収し、大幅に減らすことができます。

振動レベル測定例

■ 条件

規制基準 第2種区域のⅡ(工場地域)
       午前8時から午後7時までの規制基準 70dB以下
測定時打設深さ 約12m
測定方向 鉛直方向(振動規正法の対象)
A点 打設位置からの距離 5m
B点 打設位置からの距離 15m
参考 JR列車通過時の振動

■ 測定結果

中堀工法 振動レベル