CRID(クリッド)工法

CRID工法 STDタイプとは

ダウンザホール工法  施工写真 CRID工法 ■ リングビット、ケーシングの転用でコストを抑える

地中に残ったケーシングの中に杭を建て込み、根固め材(モルタル、砂)を打設し、ケーシングを引き抜き、次の掘削をおこないます。リングビットが溶接されたケーシングを転用します。

CRID工法 ■ 地盤を乱さない

パイロットビットの先から出たエアーは、特殊な加工による負圧を利用しケーシングの中を通り、排出されるため、周辺の地盤をみださず、また、スライムは上部からのみ排土されるので管理が容易です。

CRID工法 写真 ■ クレーンサイズをひとまわり小さくできる

打破後チャッキングをはずし、ハンマーだけを引き抜き、杭を建て込み後ケーシングを引き抜きます。 そのためクレーンの大きさは吊り重量で決定されるケースが多いですが、 SDH工法では、吊り重量に土圧を加えた重量が引き抜き重量となります。そのため、小さいクレーンで施工が可能です。

CRID工法 全体写真 ■ 振動が少ない

CRID工法独自の特徴で、振幅が小さく地盤に与える影響が小さいため、発生する振動もノーマルダウザホール工法に比較して少なくなります。